市川博物館友の会 イベント情報

イベント情報

友の会の直近のイベント情報をお知らせします。ご関心のある方は、友の会へ
お問い合わせください。
また、直近の終了したイベントの様子をページの下部に記載してあります。
ご関心のある方はご覧ください。


新型コロナウイルス感染防止に関するお願い(博物館内外活動共通)
◎ 朝の集合場所で検温器による検温を実施します。37度以上の方は参加出来ませんので、その場でお帰り頂きます。また、体調のすぐれない方も参加をご遠慮願います。
 (当日不参加の方は、「友の会携帯番号(090-9231-4383)」に直接ご連絡ください。)
◎ 見学会実施中(電車内を含む)は常にマスクの着用をお願いします。長時間マスクを着用して歩くことが出来ない方は参加をご遠慮願います。
◎ また見学中は、私語は慎み、ソーシャルディスタンスを心掛けてください。
◎ 解散後、現地で昼食をとる方は極力分散して、三密(密閉・密集・密接)を避け、短時間に済ませるようにしてください。
以上、ご協力宜しくお願いします。

民俗部会 見学会
「新春!日本橋七福神巡り」
令和5年1月3日(火)9:00(集合)
JR市川駅改札口

(内 容) お正月恒例の七福神巡りです。
JR総武線・新日本橋駅から地下鉄日比谷線&浅草線・人形町駅まで、新春の日本橋七福神を巡ります。 この日本橋七福神は始まって未だ40年になっていません。
このコースは全てが神社で、都心のビジネス街の七福神です。約 4kmの コースをゆっくり歩いて巡拝しましょう。皆様の参加をお待ちしています。

(コース)JR新日本橋駅 …恵比寿[宝田恵比寿神社] …恵比寿[椙森(すぎのもり)神社] …寿老人[笠間稲荷神社] … 毘沙門天[末廣神社] …大黒天[松島神社] …弁財天[水天宮] …布袋猛[茶之木神社] …福禄寿・弁財天[小網神社] …地下鉄日比谷線&浅草線・ 人形町駅
(定 員) 40名(応募者多数の場合は抽選)
(集合場所) JR市川駅改札口 9:00
  ※ 現地集合希望の方は、JR総武線・新日本橋改札出口9:30
(参加費) 友の会会員300円、一般600円 
(その他) 小雨実施・ 解散は地下鉄日比谷線&浅草線・人形町駅12:00予定
  ※ご朱印はご遠慮ください。※マスク着用 ※当日受付時に体温測定します。
(申し込み)往復葉書(1人1枚)に、「日本橋七福神」、氏名(ふりがな)、住所、会員番号、電話番号、年齢、返信宛先を書き、
〒272-0837 市川市堀之内2-27-1 市川歴史博物館宛てに、12月20日(火)当日消印有効。

詳細は、市川博物館友の会にお問い合わせください。 皆様の入会をお待ちしております。

考古部会
「土偶をつくろう」全4回
令和4年11月6日(日)〜12月11日(日)
歴史博物館講堂他

(内 容) 縄文時代の土偶は、世界的に評価されるほど魅力にあふれています。
市川博物館学芸員による基礎知識の講義を受けたあと、資料や会員が作成した土偶を参考にして、土偶づくりを4週にわたっ て行います。
親子参加も大歓迎です(考古博物館1階ロビーの友の会コーナーに会員が作成した「土偶」が展示されています。)
(実施日時) 
11月 6日(日) 9:00〜12:00 「土偶の基礎知識」 「用土づくり」
11月13日(日) 9:00〜12:00 「形づくり」
11月20日(日) 9:00〜12:00 「みがき」
12月11日(日) 9:00〜12:00 「焼きあげ」

(定 員) 25名(応募者多数の場合は抽選)
(参加費) 友の会会員700円、一般1,000円 高校生以下500円
(持ち物)  マスク、汚れていい服装、タオル、蓋付飲み物、筆記用具
(その他)「新型コロナウイルス感染防止に関するお願い」を遵守してください。
(申し込み)往復葉書(1人1枚)に、「土偶づくり」、氏名(ふりがな)、住所、会員番号、電話番号、年齢、返信宛先を書き、
〒272-0837 市川市堀之内2-27-1 市川歴史博物館宛てに、10月21日(金)当日消印有効。

詳細は、市川博物館友の会にお問い合わせください。 皆様の入会をお待ちしております。

4部会合同見学会
「菅野地区を巡る」
令和4年10月10日(月祝日)実施

 参加者46名(内会員37名)
平成22年度から年1回実施してきた4部会 ( 考古・拓本・歴史・民俗) 合同見学会は、 本年度 「 菅野地区を巡る 」 企画で開催されました。参加者数が46名となったため、 集合場所の京成菅野駅を出発する際に2班に分け、前半は班によってコース順を若干変えてのスタートとなりました。
 菅野停車場設置紀年碑、クロマツ並木道、市川砂州、平田遺跡・平田緑地、コククジラ出土地、平田聖徳太子堂、 平田諏訪神社、新田春日神社、青面金剛碑、鏡石などを巡り、京成市川真間駅で予定通り、12:30解散となりました。
クロマツの並木道では市川市名誉市民の永井荷風に因むエピソードを交えた説明があり、平田聖徳太子堂では堂内に上がって 縁起や聖徳太子像などの話を聞き、新田春日神社では神輿を見ることができました。
またクロマツでも保存樹木に指定されている松や、戦時中航空機の燃料用松やに採取痕のある松、 長年の風雨により砂地が削られ地表に根が露出した根上松などこの地ならではの多様なクロマツがあることを 知るとともに確認することができました。
合同見学会ならではの多くの説明員による説明により、アンケートでは、回答者44名中42名 ( 95% ) の方から 「 満足」の回答が得られるとともに、馴染みの場所だがいつもと違った視線で歩き新たな発見があった、ゆっくり見学できた 、神社・石碑・庚申塔など詳細な説明が聞けて良かった、砂州・クロマツ・聖徳太子堂・平田遺跡に興味をひかれた、 などの感想が寄せられました。郷里の自然や風土、先人たちの息吹が感じられる充実した見学会になったと思われます。

 
拓本部会野外採拓
「隅田川神社」
令和4年10月16日(日)実施

10月16日(日)実施 参加者8名(全員会員)
当日は、午後から天気がくずれるとの予報で、天候が心配されましたが、 曇天ではあったものの、風も無く絶好の採拓日和でした。隅田川神社は、 「元の木阿弥」、「隅田川八景」等、江戸時代以降の文人たちの和歌、俳句、 狂歌碑 等が十数点保存されており、それらを各自が選び採拓しました。 採拓が初めての方もベテランの方の指導を受けて採拓され、満足されていたようでした。
帰途、隣接する木母寺で、高さ520p・幅300pの「天下の糸平」の碑を見学しました。 この碑の碑表は伊藤博文の書で、碑陰には渋沢栄一・大倉喜八郎等当時の政財界人数名の刻印があります。
また、境内には、三遊亭圓朝が初代三遊亭圓生追悼のために建立した碑である「三遊塚」 (碑表は山岡鉄舟、碑陰は高橋泥舟書)など、江戸・明治期の碑10数点があります。大変に有意義な採拓でした。
今回、採択された作品が11月からの表装の作業につなげることができればと願っています。

入会の方法

市川博物館友の会 専用電話 090−9231−4383
※お電話で申し込んでください。入会の申込書と会費納入で即入会できます。
皆様の入会をお待ちしております。

(お願い)専用電話は非通知番号からの着信には応じられません。
専用電話に応答の無い場合でお急ぎの時は、SMS ショートメッセージ ( ショートメール、Cメール等ともいいます ) でご連絡ください。ボランティアで運営しておりますので、ご不便をおかけしますがよろしくご協力お願い申し上げます。 

会費

  一般会員 2,000円  学生会員 1,000円

郵便口座振替番号
00130−0−106808
(加入者名) 市川博物館友の会


copyright (C) 市川博物館友の会 All right reserved.