市川博物館友の会 イベント情報

イベント情報

友の会の直近のイベント情報をお知らせします。ご関心のある方は、友の会へ
お問い合わせください。
また、直近の終了したイベントの様子をページの下部に記載してあります。
ご関心のある方はご覧ください。


新型コロナウイルス感染防止に関するお願い(博物館内外活動共通)
◎ 朝の集合場所で検温器による検温を実施します。37度以上の方は参加出来ませんので、その場でお帰り頂きます。また、体調のすぐれない方も参加をご遠慮願います。
 (当日不参加の方は、「友の会携帯番号(090-9231-4383)」に直接ご連絡ください。)
◎ 見学会実施中(電車内を含む)は常にマスクの着用をお願いします。長時間マスクを着用して歩くことが出来ない方は参加をご遠慮願います。
◎ また見学中は、私語は慎み、ソーシャルディスタンスを心掛けてください。
◎ 解散後、現地で昼食をとる方は極力分散して、三密(密閉・密集・密接)を避け、短時間に済ませるようにしてください。
以上、ご協力宜しくお願いします。

歴史部会 見学会
「江戸城外堀を巡る〜四ツ谷から赤坂〜」
令和5年1月22日(日)8:00(集合)
JR市川駅改札口内側

(内 容) 「江戸城を巡る」史跡巡りは今回3回目となります。
令和元年度に「江戸城を巡る〜城門と石垣〜」で田安門から大手門まで、
石垣の刻印を捜しながら城門を巡り、昨年度は「江戸城を巡る〜城門と石垣その2〜」で 半蔵門から井伊家跡、桜田門を通り和田倉門まで歩きました。
今回は江戸城外堀を巡ります。四谷門跡、紀尾井町の地名の由来となった大名屋敷跡、 赤坂門跡、勝海舟邸跡などを巡り、外堀の歴史と幕末から明治に活躍した人物について学びます。
また、赤坂界隈は坂の多い街で、坂についても考えてみたいと思います。

(コース)JR市川駅(トイレ)8:14発(総武線各駅停車・三鷹行き)乗車⇒「JR四ツ谷駅」8:47(トイレ)…麹町口改札口を出て「江戸城外堀史跡展示広場」、地上に出て「四谷門跡」、 「四谷門史跡解説板前」広場集合 開会挨拶 ・9:30出発…喰違木戸跡…尾張徳川家跡…井伊家跡…紀尾井坂標柱…清水谷公園(休憩・トイレ) …紀伊徳川家跡…東京ガーデンテラス紀尾井町遊歩道デッキ…赤坂門跡…勝海舟邸跡1…赤坂Bizタワー(休憩・トイレ)…勝海舟邸跡2…赤坂氷川神社(トイレ)…勝海舟邸跡3… 氷川公園(トイレ) 閉会挨拶・アンケート・12:30頃解散…東京メトロ千代田線赤坂駅または銀座線溜池山王駅

(定 員) 40名(応募者多数の場合は抽選)
(集合場所) JR市川駅改札口内側 8:00 (受付は7:30から)
  
(参加費) 友の会会員300円、一般600円 (資料代)
(その他) 雨天中止。
      ・急な上り下り坂あり、多少健脚者向きです。
      ・歩きやすい靴と服装で参加してください。
      ※「新型コロナウィルス感染症防止に関するお願い」を遵守してください。
      ・2班に分かれて行動します。歩行中は私語を慎んでください。
(申し込み)往復葉書(1人1枚)に、「江戸城見学」、氏名(ふりがな)、 住所、会員番号、電話番号、年齢、返信宛先を書き、
〒272-0837 市川市堀之内2-27-1 市川歴史博物館宛てに、1月11日(水)当日消印有効。

詳細は、市川博物館友の会 090−9231−4383 にお問い合わせください。 皆様の入会をお待ちしております。

拓本部会 
「表装B〜D」

(内 容) 表装の工程である裏打ちから軸装まで5回にわたり学び、
採拓作品などを掛け軸やパネルなどにして鑑賞できるようにします。
(日 程) 
      第3回 1月29日(日)9:30〜
      第4回 2月19日(日)9:30〜
      第5回 3月25日(日)9:30〜
       ※ 終了時刻は変更になる場合があります。
募集は終了しています。

(場 所)市川歴史博物館2階 
(参加費) 会員100円  一般200円
(持ち物)  本紙、表装道具、筆記用具、雑巾
(連絡先)市川博物館友の会 090−9231−4383

詳細は、市川博物館友の会 090−9231−4383 にお問い合わせください。 皆様の入会をお待ちしております。

民俗部会 見学会
「日枝神社・大杉様」
令和5年2月11日(土・祝)10:30(集合)
市川駅発京成バス停「国分」

(内 容) 毎年2月11日「祝日(建国記念の日)」に国分5丁目の日枝神社にて、 末社大杉神社の大杉祭が執り行われます。当日は本殿中央に五色の布で飾られた舟の前方に天狗の面を2面、 後方には杉の木を置いて神事が行われ、その後大杉神社前に移り、お祈りを捧げます。神事は10時半頃から1時間程です。 大勢の人が集まる行事では在りませんので、ゆっくりと拝観出来ると思います。皆様の参加をお待ちしています。

(定 員) 30名(応募者多数の場合は抽選)
(集合場所) 京成ばす停「国分」 10:30
(市川駅より国分高校行きは10分おきに出ています。所要時間は約10分)  *現地集合希望の方は、日枝神社に10時45分に集合とします。
(参加費) 友の会会員300円、一般600円 (資料代)
(その他) 
      ・小雨決行
      ・解散は日枝神社にて11:30頃の予定
      ・当日天気が良く暖かい日であれば、希望する方には近くの北下遺跡瓦窯跡、 こんこん様、庚申塔(2ヶ所)、国分尼寺跡公園の馬頭観音(12基)へご案内します
      ※「新型コロナウィルス感染症防止に関するお願い」を遵守してください。
(申し込み)往復葉書(1人1枚)に、「日枝神社・大杉様」、氏名(ふりがな)、 住所、会員番号、電話番号、年齢、返信宛先を書き、
〒272-0837 市川市堀之内2-27-1 市川歴史博物館宛てに、1月27日(金)当日消印有効。

詳細は、市川博物館友の会 090−9231−4383 にお問い合わせください。 皆様の入会をお待ちしております。

歴史部会バス見学会
「鉢形城跡と杉山城跡を訪ねる」
令和5年2月23日(木・祝)8:00(出発)

(内 容)  小田原城を本拠とした後北条氏の北関東における支城であった鉢形城は、 甲斐・信濃からの侵攻への備えで戦略上重要な役割を担っていましたが、豊臣秀吉による小田原城攻めの際、鉢形城も開城しました。
  令和元年の八王子城跡に引続き、本年度も後北条氏による関東支配の拠点であった鉢形城跡と、築城に関する謎の多い杉山城跡を訪ねます。 両城跡とも国指定史跡であり現地ガイドによる案内があります。
(コース)
市川公民館前⇒外環道・関越自動車道⇒高坂SA⇒嵐山・小川IC⇒杉山城跡⇒鉢形城公園(昼食)・鉢形城歴史館・鉢形城城跡 ⇒花園IC⇒関越自動車道⇒高坂SA⇒外環道⇒市川 
(定 員) 50名(応募者多数の場合は抽選)
(集合場所) 市川公民館前 7:45
8:00出発〜18:00市川着(着後解散)予定
(参加費) 友の会会員5,500円、一般6,000円 (資料代)
(その他) 
      ・雨天決行
      ・(ハイキング程度の)履きなれた靴の着用
      ※「新型コロナウィルス感染症防止に関するお願い」を遵守してください。
(申し込み)往復葉書(1人1枚)に、「鉢形城跡」、氏名(ふりがな)、 住所、会員番号、電話番号、年齢、返信宛先を書き、
〒272-0837 市川市堀之内2-27-1 市川歴史博物館宛てに、2月13日(月)当日消印有効。

詳細は、市川博物館友の会 090−9231−4383 にお問い合わせください。 皆様の入会をお待ちしております。

考古部会 見学会
「黒浜貝塚」
令和5年2月26日(日)8:00(集合厳守)

(内 容)  埼玉県蓮田市にある国史跡の黒浜貝塚は、東京湾が関東平野に深く入り込んでいた縄文時代前期(約5,700年前)の貝塚遺跡です。 黒浜貝塚は前期中葉の関東地方を中心に見られた土器型式「黒浜式土器」の標式遺跡・貝塚として、平成18年7月28日に「国指定史跡」に指定されました。 黒浜貝塚が所在する地名ですが、現在も蓮田市大字黒浜となっていることから縄文時代から関東平野内陸部に至った現代まで、 海岸に因む「黒浜」の名称が何らかの請われて伝えられてきたのでしょう。 現在、遺跡に黒浜の疑似海岸が復元されています。また、縄文時代当時の原風景や生活の様子が、AR・VR(仮想・拡張現実)で体験することができます。 縄文時代前期に、海が関東平野奥深くまであったのを実感しましょう。
(コース)
JR市川駅乗車→(秋葉原駅乗換)→JR上野駅乗換(宇都宮線)→JR蓮田駅下車…黒浜貝塚及び文化財展示館見学(現地解散)
(定 員) 35名(応募者多数の場合は抽選)
(集合場所) 市川駅改札口 8:00
8:00〜13:00 現地解散
(参加費) 友の会会員300円、一般600円 (資料代)
(持ち物) 筆記用具、飲み物、マスク
(その他) 
      ・雨天中止
      ・歩きやすい服装・靴
      ※「新型コロナウィルス感染症防止に関するお願い」を遵守してください。
(申し込み)往復葉書(1人1枚)に、「黒浜貝塚」、氏名(ふりがな)、 住所、会員番号、電話番号、年齢、返信宛先を書き、
〒272-0837 市川市堀之内2-27-1 市川歴史博物館宛てに、2月15日(水)当日消印有効。

詳細は、市川博物館友の会 090−9231−4383 にお問い合わせください。 皆様の入会をお待ちしております。

歴史部会 見学会
「小机城跡を訪ねる」
令和5年3月21日(火・祝日)8:00(集合)

(内 容)  小机城址は、JR横浜線小机駅から徒歩15分にあります。壮大な堀と土塁がよく残っている、 迫力ある城です。城の縄張り(設計思想)の遺構がかなりはっきりと残っており、戦国時代の山城の構造を想像できます。太田道灌が、この城を攻めたという記録があり、また 後北条氏の主要な城として、小机城に関連する歴史を学びます。合わせて、地区センターで展示資料を見学し、小机城主が建てた寺・雲松院を見学します。
(コース)JR市川駅集合8:00→市川駅出発8:12→(総武快速線)→横浜駅(乗換え)→JR横浜線小机駅…小机城址見学…小机駅着11:45(一次解散) …小机地区センター見学(希望者)…雲松院見学(希望者)…小机駅着(12:30)二次解散
(定 員) 35名(応募者多数の場合は抽選)
(集合場所) 市川駅改札口内側 8:00集合(7:30受付開始)
〜12:30頃 (JR小机駅解散)
(参加費) 友の会会員300円、一般600円 (資料代)
(持ち物) 筆記用具、飲み物、マスク
(その他) 
      ・雨天中止
      ・山城というより低い丘の城ですが、上り坂と下り坂があり、多少健脚者向きです
      歩きやすい服装・靴でご参加ください。
      ※「新型コロナウィルス感染症防止に関するお願い」を遵守してください。
(申し込み)往復葉書(1人1枚)に、「小机城」、氏名(ふりがな)、 住所、会員番号、電話番号、年齢、返信宛先を書き、
〒272-0837 市川市堀之内2-27-1 市川歴史博物館宛てに、2月28日(火)当日消印有効。

詳細は、市川博物館友の会 090−9231−4383 にお問い合わせください。 皆様の入会をお待ちしております。

民俗部会 見学会
「新春!日本橋七福神巡り」
令和5年1月3日(火)実施

1月3日実施 参加者43名(内会員18名)
   1月3日、JR市川駅に9時集合。総武線快速で新日本橋駅下車。
宝田恵比寿神社「恵比寿」、次の椙森(すぎのもり)神社「恵比寿」にて参拝後,
境内にて櫻庭会長より新年の挨拶を頂きました。
   その後は史跡「玄冶店」を経て、笠間稲荷神社「寿老人」、 末廣神社「毘沙門天」、松島神社「大国主命(だいこくさま)」、水天宮境内「宝生弁財天」、 茶ノ木神社「布袋尊」と廻りました。      最後の小網神社「福禄寿」は凄く長い行列が出来ていて、 2時間待ちとのことで参拝を諦めて神社の鳥居前を通過しました。
   この小網神社にて一次解散し、一部の方は人形町駅方面へ、残りの方々は「行徳河岸」跡へ案内、二次解散しました。
 朝方の気温は少し低めでしたが、風も弱く穏やかな晴天のもとでゆっくりと廻る事ができました。       アンケートの結果の回収率は93%で、 80%の方から「満足」とのご意見を頂きました。殊に1人では中々廻る事が出来ないので、友の会で七福神巡りが出来て良かったとの回答を多く頂きました。

考古部会
「土器をつくろう」
令和4年 11/6・13・20、12/11 日実施

参加者33名(内一般16名、小学生4名)
   縄文時代の土偶は、国宝に5点も指定されるなど、近年若者世代にもブームになっています。 ちなみに縄文土器の国宝は、火焔型土器の1点だけです。 そのせいか、今回は一般の参加者が会員数を上回り、小学生も4名参加しています。
   1週目は、市川博物館学芸員による基礎知識を学んだあと、用土づくりを行いました。   2週目は会員作成土偶を参考に形づくりを行いました。
   3週目は磨きをかけ光沢が出るまで頑張った方もいました。充分乾燥を経た12月11日に焼きあげを行いました。市販の粘土と従来の粘土をミックスしていることから、 慎重に焼きあげましたが破裂する土偶が何点かありました。   今後の課題は天然の粘土をいかに確保し、野焼きに耐えられる土器づくりや土偶づくりが行えるかです。 (考古部会のページに写真を掲載してあります)

歴史部会見学会
「横浜山手旧外国人居留地を巡る」
令和4年11月3日(木祝日)実施

 参加者43名(内一般11名)
文化の日、晴天に恵まれ絶好の見学会日和になりました。参加者の平均年齢は75.3歳。 JR市川駅から乗車し、横浜駅でみなとみらい線に乗り換え、終点の元町・中華街駅で下車。 地上に出て、居留地時代に初期ゲーテ座があった跡地で会長の挨拶があり、2班に分かれていざ出発。
ヘボン博士邸跡、フランス領事館跡、クリーニング業発祥の地碑、機械製氷発祥の地を巡り、 エスカレーターでアメリカ山公園へ。その後、坂を上り、居留地時代に活躍した多くの外国人が眠る 外国人墓地を眺めてから移転後のゲーテ座跡を経て港の見える丘公園まで歩き、一旦休憩となりました。 展望台からはブラフ(切り立った崖)越しに横浜港、横浜ベイブリッジ、ガンダムなどの眺望を楽しみました。
ここで、一旦2班が合流して全員で集合写真を撮りました。 見学会の後半は、フランス山・旧フランス領事官邸遺跡を見て洋館巡りになりました。 横浜市イギリス館、山手111番館、山手資料館、山手234番館と巡り、 元町公園に入ってエリスマン邸、ベーリック・ホール、そして関東大震災で倒壊した建物の痕跡がなまなましく残る 山手80番館遺跡では被害のすさまじさを目の当たりにしました。続いて急坂を下りて元町公園庭園へ。 谷崎潤一郎が脚本顧問として関わった大正活映撮影所跡碑を見てからジェラール水屋敷地下貯水槽へと向かいました。 ここでは居留地時代に良質な湧水を利用して船舶給水事業を立ち上げフランス瓦やレンガの製造工場を営んだジェラールに想いを馳せました。 最後に会長から見学会の終了・解散の挨拶があり、参加者は思い思いに元町商店街や中華街など、横浜の街並みを楽しみつつ帰路につきました。
コロナ禍で三密(密閉・密集・密接)を避けての団体行動でしたので、洋館内部に入ることは叶いませんでしたが、 参加者全員から得られたアンケートの回答では、天気も良くて楽しかった、説明(ガイド)と資料が良かったなどの感想が多く寄せられ、 好評のうちに無事見学会を終了することができました。そして、今回の見学会で3名の方々が新たに会員に加わりました。

 

入会の方法

市川博物館友の会 専用電話 090−9231−4383
※お電話で申し込んでください。入会の申込書と会費納入で即入会できます。
皆様の入会をお待ちしております。

(お願い)専用電話は非通知番号からの着信には応じられません。
専用電話に応答の無い場合でお急ぎの時は、SMS ショートメッセージ ( ショートメール、Cメール等ともいいます ) でご連絡ください。ボランティアで運営しておりますので、ご不便をおかけしますがよろしくご協力お願い申し上げます。 

会費

  一般会員 2,000円  学生会員 1,000円

郵便口座振替番号
00130−0−106808
(加入者名) 市川博物館友の会


copyright (C) 市川博物館友の会 All right reserved.